ホーム > バッテリー残量が無くなりそうな時は。

iPhone修理 即日返却

iPhone修理コラム

バッテリー残量が無くなりそうな時は。

外出先やiPhoneを充電することが出来ないときは低電力モードにすることで、バッテリーを長持ちさせることが出来ます。

 

設定?バッテリー?低電力モードをONにします。低電力モードにした時バッテリーのアイコンが黄色にかわります。

 

またメールの取得、自動ダウンロード、Appのバックグラウンドの更新、ビジュアルエフェクトが削減もしくはオフ、になります。

 

そうすることによって、バッテリーの持ちが最大3時間延びるそうです。低電力モードは充電中バッテリーの残り80%以上になると自動的にオフになります。

 

80%以上でも低電力モードにする場合は再度オンにしなければいけません。この機能はiOS9から搭載されています。皆さんも試してはいかがですか?

 

16-1

 

難波 心斎橋 日本橋でiPhone バッテリー交換をするなら、リペア本舗なんば日本橋店へご来店ください。

大阪市中央区日本橋1-3-6日本一ビル2F

TEL 06-6210-4255

修理メニュー