ホーム > 水没した時のiPhoneの正しい乾燥方法。

iPhone修理 即日返却

iPhone修理コラム

水没した時のiPhoneの正しい乾燥方法。

水没した時、乾燥させようと思ってiPhoneを振ったり、水没後電源を入れる、充電ケーブルで充電する、ドライヤーの温風をあてて乾燥させる、等こうした行為をしなければ下記の正しい乾燥方法で復旧する可能性があります。

 

1)ケースなどに入れている場合は、それらから取り出します。

 

2)水没後まだ電源が入っている場合は速やかに電源を落としSimカードを抜いて、保管します。

 

3)iPhoneを吸水性のあるタオル、布で拭く。

 

4)綿棒でコネクター端子の中の水滴を取る。

 

5)外観の水分が取れたら、24時間はそのまま放置し、乾燥させる

 

6)電源を入れ起動した場合は、すぐにバックアップを取ります。

 

水没後電源が入ったままになっていると、ショートする可能性がありますのでいきなりバックアップは厳禁です。こういう時のためにバックアップは取っておきましょう。

 

ただこれで起動し普通に使用できた場合でも、内部に錆が発生していたり、バッテリーが水に触れてしまった為に劣化し寿命も大幅に短くなってしまう可能性もあります。

 

また復活した場合でも使用しつづけているとバッテリーが発火したり、破裂したりすることも考えられますので、ここからが修理に出すのかどうかの選択にもなると思います。

 

これらの危険性を少しでも回避したいのであれば、Apple Storeで修理をするか、バックアップのデーターが取り出せたのなら、機種交換の検討や、またはApple Careなどの保証に加入していなければ非正規店での修理も考えたほうがいいのではないかと思います。

 

suibotu2

 

 

難波 心斎橋 日本橋でiPhone 水没修理をするなら、リペア本舗なんば日本橋店へご来店ください。水没修理の実績。

 

大阪市中央区日本橋1-3-6日本一ビル2F

 

TEL 06-6210-4255

修理メニュー