ホーム > 直射日光が原因で、アイフォンのバッテリーが発火。

iPhone修理 即日返却

iPhone修理コラム

直射日光が原因で、アイフォンのバッテリーが発火。

 

 

 

 

随分前の出来事ですが、2016年5月にエジプト航空機が墜落したのはiphone 6sのバッテリーが発火したためではないかとの説が最近浮上しているみたいですが、当時は原因不明の墜落事故とされていました。近頃になってiphoneのバッテリーが原因で発火し、航空機が墜落した可能性があるとして、フランスの新聞やメディアで公開したため、明らかになったようです。

 


問題のアイフォンですが、ipad miniとiphone 6sをコクピット内の計器パネルの上に乗せて、目的地へ巡航途中で直射日光による発火が原因、火災事故から墜落に至ったとのこと。

画面修理,水没復旧,コラム,修理コラム,アイフォン修理ナンバ,アイフォン修理心斎橋,アイフォン修理日本橋,ガラス割れ修理なんば,ガラス割れ修理ナンバ,ガラス割れ修理心斎橋,ガラス割れ修理日本橋、水没

なかには大量のバッテリーを運んでいた貨物輸送機が、爆発したため墜落したという事故もあり、現在は多くの航空会社が携帯電話のバッテリーなどを手荷物として預けることを禁じています。

 

真相についてはまだわかっていませんが、長時間直射日光にアイフォンがさらされバッテリーが発火してしまう事故は、今までも多数報告されていていますが、私たちが生活をする上で、携帯は欠かせないものになっています。たとえば車をパーキングに止め、携帯をダッシュボードに置いたまま出かけるといったことはないとはいえません。車に戻ったら携帯が発火しているといったことにならないように、車を何時間も駐車するときは、携帯を放置することは危険だということを認識する必要もあると思います。

 

ダウンロード (2)

 

修理メニュー