ホーム > iPhoneのリカバリーモードとは。

iPhone修理 即日返却

iPhone修理コラム

iPhoneのリカバリーモードとは。

画面修理,水没復旧,コラム,修理コラム,アイフォン修理ナンバ,アイフォン修理心斎橋,アイフォン修理日本橋,ガラス割れ修理なんば,ガラス割れ修理ナンバ,ガラス割れ修理心斎橋,ガラス割れ修理日本橋、水没

 

 

iPhoneのリカバリーモードになってしまった。またはリカバリーモードにして初期化をしなければいけない、など一体リカバリーモードってなんなのでしょうか?

 

 

リカバリーモードとは、アイフォン内部のデータを復旧させるためのモードです。

リカバリーモードから復旧させるためには、パソコンが必要で、普段iPhoneしか使わず、パソコンは苦手?な方には、少々敷居が高いためまたパソコンを導入したりと色々と大変なため、パソコンが得意な人以外は、このモードにならないようにしなければいけません。

 

長いこと使用していると、1度くらいは見たことがある画面。中央の音符マークにケーブルを挿してください、と画面にでることがあります。

 

このマークがでてしまうと、何をしても無反応になってしまい、操作ができなくなってしまいます。

 

iOSのアップデート=iphoneの内部オペレーションシステムの書き換えをするという意味です。

 

どういったことで、リカバリーモードにはいるのか。

 

書き換え途中にWi-Fiの電波がとぎれる。

書き換え途中でバッテリーがなくなってしまう。

あまりにも時間がかかっているので、または動かなくなったと勘違いし、電源を落としてしまう。

システムの書き換え途中で、中断すれば異常を察知し更新ができないため、リカバリーモードに入ってしまいます。

 

こうなってしまうと、なにをしても無反応になり、iPhoneだけでは完全にお手上げです。

 

そうなってしまう前に、下記のことに注意すればいくらかは防げると思います。

 

1)アップデートをする前は必ずバックアップを取っておくこと。

2)Wi-Fi環境からのアップデートは電波の強いところで行う。

3)アップデートが長くても完全に完了するまで、電源は落とさない。

 

 

自宅のWi-Fi環境でアップデートをする場合、インターネット接続が途切れるといったことでのトラブルも多く、この場合パソコン接続の場合でも一緒でiphoneが更新できなくなります。

 

アップデートをするときはインターネット接続やWi-Fiの電波が途切れない、アイフォンの電源を途中で絶対に切らないといったことが、必須で回復作業にパソコンが必要となります。

 

iphoneを操作していて、iOS10・・・のアップデートがあります、と出てきますが、みなさん結構アップデートをしないといけないと思い、アップデートをしてしまうようです。

 

アイフォンのアップデートをすることで、メリットになる場合もありますが、デメリットになる場合も十分あります。アップデートをするときは十分お気をつけください。

 

 

 

 

画面修理,水没復旧,コラム,修理コラム,アイフォン修理ナンバ,アイフォン修理心斎橋,アイフォン修理日本橋,ガラス割れ修理なんば,ガラス割れ修理ナンバ,ガラス割れ修理心斎橋,ガラス割れ修理日本橋、水没

 

 

難波 心斎橋 日本橋でiPhoneのガラス割れ修理は、リペア本舗なんば日本橋店へご来店ください。

大阪市中央区日本橋1-3-6日本一ビル2F

TEL?06-6210-4255

 

 

大阪リペア本舗なんば日本橋店では、iPhone 出張 修理の受付をしています。

昼間に修理に行けなくて・・・明日アイフォンを使わなければいけないけど、iPhoneを落として使えない・・・など、深夜お客様のご指定の場所へお伺いし、お修理をいたします。ご連絡おまちしています。↓

リペア本舗なんば日本橋店 夜間 深夜 出張修理

 

 

 

 

修理メニュー