ホーム > アイフォンをできるだけ早く充電する方法

iPhone修理 即日返却

iPhone修理コラム

アイフォンをできるだけ早く充電する方法

 

 

画面修理,水没復旧,コラム,修理コラム,アイフォン修理ナンバ,アイフォン修理心斎橋,アイフォン修理日本橋,ガラス割れ修理なんば,ガラス割れ修理ナンバ,ガラス割れ修理心斎橋,ガラス割れ修理日本橋、水没

 

 

 

 

朝おきて、アイフォンの充電を忘れてしまった・・・て、いうときに少しでも早く充電できる方法があります。

 

 

iphone(アイフォン)の機内モード

 

 

画面修理,水没復旧,コラム,修理コラム,アイフォン修理ナンバ,アイフォン修理心斎橋,アイフォン修理日本橋,ガラス割れ修理なんば,ガラス割れ修理ナンバ,ガラス割れ修理心斎橋,ガラス割れ修理日本橋、水没

 

 

 

iphoneを機内モードに切り替え、低電力モードにするだけ。たったこれだけで普段より早く充電することができます。

 

 

機内モードですが、スマートフォンのすべての通信をオフにする機能で、飛行機の中での使用を目的としたモードですが、このモードをただ単純に利用するだけで、充電スピードが早められるということです。

 

 

 

iphone(アイフォン)の低電力モード

 

 

画面修理,水没復旧,コラム,修理コラム,アイフォン修理ナンバ,アイフォン修理心斎橋,アイフォン修理日本橋,ガラス割れ修理なんば,ガラス割れ修理ナンバ,ガラス割れ修理心斎橋,ガラス割れ修理日本橋、水没

 

低電力モード中は、iphone が消費電力量を抑えることができ、iphone の充電量が 80% 以上になると、低電力モードは自動的にオフになります。

 

 

低電力モードにすると、以下の機能が制限されるか、オフになります。

 

 

メールの取得

Hey Siri

App のバックグラウンド更新

自動ダウンロード

一部のビジュアルエフェクト

 

 

低電力モードがオンの間、ステータスバーのバッテリーアイコンは黄色になり、黄色いバッテリーマーク とバッテリー残量 (%) が表示され、あとディスプレイの明るさを減らしたり、AirDrop、iCloudシンク機能を無効にして、電力消費を抑えるようです。

 

 

この機能2つを利用すれば、バッテリーの充電を早められるので、一度お試しください。

 

画面修理,水没復旧,コラム,修理コラム,アイフォン修理ナンバ,アイフォン修理心斎橋,アイフォン修理日本橋,ガラス割れ修理なんば,ガラス割れ修理ナンバ,ガラス割れ修理心斎橋,ガラス割れ修理日本橋、水没

 

 

ナンバ方面(ミナミ)へ御用の方へ、

難波,心斎橋,日本橋でアイフォンのバッテリー交換は、リペア本舗なんば日本橋店へご来店ください。

大阪市中央区日本橋1-3-6日本一ビル2F

TEL 06-6210-4255

 

 

修理メニュー