ホーム > iPhoneの再起動と強制終了。

iPhone修理 即日返却

iPhone修理コラム

iPhoneの再起動と強制終了。

 

 

画面修理,水没復旧,コラム,修理コラム,アイフォン修理ナンバ,アイフォン修理心斎橋,アイフォン修理日本橋,ガラス割れ修理なんば,ガラス割れ修理ナンバ,ガラス割れ修理心斎橋,ガラス割れ修理日本橋、水没

 

 

iPhoneの再起動と強制終了ですが、どのような違いがあるのでしょう?

 

 

 

普段から電源が落ちる前に、充電をするといった習慣が付いているために、なかなか電源を落とす機会がなく内部で不具合が発生していても、なかなかリセットされなくなっている状態になっているのではないでしょうか?

 

 

 

誤作動や内部のソフトウエアーからくる不具合がある場合は、再起動をして一度不具合のリセットができるか確認することができます。

 

 

iPhoneの再起動

 

 

再起動とは電源ボタンの長押し、画面にスライドバー右で終了させることができ、改めて電源ボタンを長押しすることで、起動させることができます。

 

 

画面修理,水没復旧,コラム,修理コラム,アイフォン修理ナンバ,アイフォン修理心斎橋,アイフォン修理日本橋,ガラス割れ修理なんば,ガラス割れ修理ナンバ,ガラス割れ修理心斎橋,ガラス割れ修理日本橋、水没

 

 

 

画面修理,水没復旧,コラム,修理コラム,アイフォン修理ナンバ,アイフォン修理心斎橋,アイフォン修理日本橋,ガラス割れ修理なんば,ガラス割れ修理ナンバ,ガラス割れ修理心斎橋,ガラス割れ修理日本橋、水没

 

 

 

 

これは、アイフォンの電源を落としたり、入れたりするためだけではなく、例えば最近通話中に相手の声が聞こえづらいなどの症状のとき、軽度の不具合であれば、再起動をすれば直る場合があります。

 

 

 

また、充電する前や1日1回の再起動はアイフォンの正常を保つのにも有効です。

 

 

 

iPhoneの強制終了

 

 

強制終了をしなければいけないときですが、たとえばアイフォンがフリーズした場合再起動時のスライドして終了自体がフリーズしてできなくなってしまったなどのときに、強制終了を試みて起動するかを試すことができます。

 

 

 

スリープボタンとホームボタンの同時長押しを10秒間で強制終了することができます。

 

 

 

画面修理,水没復旧,コラム,修理コラム,アイフォン修理ナンバ,アイフォン修理心斎橋,アイフォン修理日本橋,ガラス割れ修理なんば,ガラス割れ修理ナンバ,ガラス割れ修理心斎橋,ガラス割れ修理日本橋、水没

 

 

 

ただアイフォンの電源を落としたり、入れたりすためだけの機能のように思われている方や、電源をつけっぱなしの方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

何か不具合が出た場合、いきなり強制終了を繰り返すと、システムに不具合が発生してしまう原因やストレージに物理的損傷にも繋がる可能性もあるため、アイフォンがフリーズして操作ができないといった場合の時以外は強制終了はおすすめではありません。

 

 

 

 

それでも直らなければ、アイフォンの初期化をしてシステムを1から入れ直すといったことも必要になったり、パーツ交換しなければ直らないこともあります。いずれにしても日頃のバックアップも大切になります。

 

 

 

 

 

難波方面(ミナミ)へ御用の方へ、

難波 心斎橋 日本橋でアイフォンのフロントガラス割れ交換は、リペア本舗なんば日本橋店へご来店ください。

大阪市中央区日本橋1-3-6日本一ビル2F

TEL 06-6210-4255

 

 

大阪リペア本舗なんば日本橋店では、iPhone 出張 修理の受付をしています。

昼間に修理に行けなくて・・・明日アイフォンを使わなければいけないけど、iPhoneを落として使えない・・・など、深夜お客様のご指定の場所へお伺いし、お修理をいたします。ご連絡おまちしています。↓

リペア本舗なんば日本橋店 夜間 深夜 出張修理

修理メニュー