ホーム > あまりにも寒いところで、iPhoneを使用するとバッテリーの持ちが悪くなる。

iPhone修理 即日返却

iPhone修理コラム

あまりにも寒いところで、iPhoneを使用するとバッテリーの持ちが悪くなる。

 

 

ご使用のアイフォンのバッテリーが経年劣化でバッテリーの持ちが悪くなってくるというのは、だんだんと一般的にも知られてきていることだと思います。

 

 

ですが寒さによっても、バッテリーの減り方や持ちが悪いといったこともあるんです。

 

 

アイフォンを毎日使用し、寒い日にバッテリーの持ちが悪くなってしまい、ついバッテリーの劣化を疑い機種交換にはまだ早いけど、バッテリー交換ならと、バッテリー交換をしてしまうかもしれません。1年ほどでこんな症状になったのであれば、本当にバッテリー劣化も確かにあるとおもいますし、逆に交換しておいたほうが、気分的にも随分と楽かもしれません。

 

 

 

ですがここ最近寒い日が続き、アイフォンのバッテリーの性能が悪くなったのではなく、寒さが原因でバッテリーの劣化とよく似た症状にもなると言われています。

 

 

 

一般的に電池の使用条件で適切な使用温度は20度から30度といわれています。

 

 

温度が低いほど化学反応の速度は遅くなり、電池の電圧が下がるのが早くなります。

 

 

電池を使用する機器を寒いところで使用するとき、電圧降下もはやくて機器がすぐ使えなくなるそうです。

 

 

 

ただ電池全体の容量は全然使い切っていないため、常温にもどすと使っていなかった残りの容量が使えてしまいますので、寒さで一時的に電圧が足りず、機器が使用できなくなり電池の寿命と勘違いしてしまいます。

 

 

 

そこでアイフォンにも適正温度というものがあって、20度で使用するのと10度で使用するのでは、充電の持ちが全然ちがうとまで・・・。

 

 

 

ただこれも後者のほうは、充電を使い切ったわけではなく、温めれば使用できなかった容量が使えてしまうということです。また電源が落ちるというのは、電圧降下によって電源が供給できなくなり、シャットダウンしてしまいます。

 

 

 

まだまだウインタースポーツの季節が続きますが、アイフォンの温度にも注意が必要です。

 

 

 

Appleが発表している「iPhoneを使用できる温度」は0度?35度。

 

 

保管場所の温度は-20度?45度。だそうです。

 

 

 

雪が降るときの外出では、注意がひつようということですね。気温がマイナス温度の地域などでのアイフォンの使用は出来るだけ控えたほうが賢明です。

 

 

 

アイフォンが常温に戻るまで使用を控え、無理にドライヤーやストーブで温めることは故障の原因となりますのでご注意ください。

 

 

 

 

 

 

難波 心斎橋 日本橋でiphoneのバッテリー交換は、リペア本舗なんば日本橋店でお任せ下さい。

大阪市中央区日本橋1-3-6日本一ビル2F

TEL 06-6210-4255

 

 

 

 

大阪のリペア本舗なんば日本橋店では、iPhone 出張 修理の受付をしています。

昼間に修理に行けなくて・・・明日アイフォンを使わなければいけないけど、iPhoneを落として使えない・・・など、深夜お客様のご指定の場所へお伺いし、お修理をいたします。ご連絡おまちしています。↓

リペア本舗なんば日本橋店 夜間 深夜 出張修理

 

修理メニュー