ホーム > アイフォンのバッテリー交換時期のタイミングは。

iPhone修理 即日返却

iPhone修理コラム

アイフォンのバッテリー交換時期のタイミングは。

画面修理,水没復旧,コラム,修理コラム,アイフォン修理ナンバ,アイフォン修理心斎橋,アイフォン修理日本橋,ガラス割れ修理なんば,ガラス割れ修理ナンバ,ガラス割れ修理心斎橋,ガラス割れ修理日本橋、水没

 

iphoneバッテリーの交換をしなければいけないときは、どんなときなのでしょうか?

 

よくある症状では、朝アイフォンを充電し、80%あるのに昼頃にはもう40%ほどになっている、充電しても1日もたない、モバイルバッテリーがないと、すぐバッテリーが無くなってしまう、などの場合ほとんどがバッテリーの寿命を迎え、交換しなければ快適にしようできることができなくなってしまいます。

画面修理,水没復旧,コラム,修理コラム,アイフォン修理ナンバ,アイフォン修理心斎橋,アイフォン修理日本橋,ガラス割れ修理なんば,ガラス割れ修理ナンバ,ガラス割れ修理心斎橋,ガラス割れ修理日本橋、水没

 

また、今までは充電に○○時間かかっていたのに、今までよりかなり少ない時間でバッテリーの充電ができてしまうといったことや、バッテリーが40%あるのに急に電源が落ちてしまうといった場合も消耗しているサインのひとつとなります。

 

 

Appleによれば、アイフォンのバッテリー交換サイクルは2年程度といわれています。ですが人によって1日の使用時間も違えば、寿命の時期も様々で、充電の仕方でも寿命に差がでてきます。

 

 

1) 充電をしながら、インターネットの閲覧や電話をするとバッテリーに負担がかかり、寿命に影響されます。

 

 

充電中バッテリーは熱を発しています。熱を発すればするほど劣化していき、ながら充電をすることで、さらにCPUが頑張ろうとすることで負荷がかかってしまいます。そのため本体も熱を発生し、バッテリーが通常よりも劣化しやすくなります。

 

 

2) バッテリーを最後まで使い切ってからの充電を繰り返していると充電容量が下がってしまう、100%表示はしていても、実は50%以上充電できなくなっているといったことが内部で起きている。そのため表示上は90%や80%でも、減りが早い。

 

 

できるだけiphoneのバッテリー残量警告がでる20%と80%の間で充電すれば比較的寿命を抑えることができます。

 

 

3) 充電をしていて100%を表示していても充電し続けるのを繰り返すと、これも劣化の原因と言われています。ですがiphoneのバッテリーは充電中80%までは急速充電状態、80%からは通常充電に切り替わりゆっくりと充電してさらに100%に達するとそこからはトリクル充電といい、負担にならないように断続的に微電流が流れるようになっていますので、バッテリーを0%まで使い切る行為よりは、劣化度も比較的少ないようですが、これもバッテリーの劣化を早める一つの原因になります。

 

バッテリー交換をするときの目安ですが、アイフォンの電源がよく落ちてしまう、バッテリーのパーセント表示がすぐ変わっってしまう、バッテリーの持ちが悪いなどの症状が出た場合、バッテリーが原因の場合がほとんどですので、交換をお勧めします。

画面修理,水没復旧,コラム,修理コラム,アイフォン修理ナンバ,アイフォン修理心斎橋,アイフォン修理日本橋,ガラス割れ修理なんば,ガラス割れ修理ナンバ,ガラス割れ修理心斎橋,ガラス割れ修理日本橋、水没

 

なんば,心斎橋,日本橋でiphoneのバッテリー交換は、リペア本舗なんば日本橋店へご来店ください。

大阪市中央区日本橋1-3-6日本一ビル2F

TEL 06-6210-4255

 

 

修理メニュー