ホーム > iPhoneのカメラが使えない時は。

iPhone修理 即日返却

iPhone修理コラム

iPhoneのカメラが使えない時は。

従来の携帯カメラと比べiPhoneのカメラ機能は高性能な為、使用される人も多いと思います。ですがいざ使用するときトラブルに見舞われたときは最悪修理に出さなくてはいけません。ですがカメラのトラブルは自分で解決できる場合もありますので、一度お試しください。

 

iPhoneのカメラがなにも映らない時の対処法。

 

 

カメラが何も映らなくなってしまった時、iPhoneを再起動してみましょう。レンズやセンサーが故障の場合以外は、メモリーの容量不足になっている時があります。

 

再起動することによって、メモリー開放やエラーがリセットされる為、カメラが復活するかもしれません。

 

 

 

iPhoneのカメラを連続使用したことによる発熱。

 

 

iPhoneのカメラは高性能な為、内部処理からくる負荷も大きいです。

 

そのためiPhoneが発熱を起こしやすくなります。

 

また「本体温度が下がるまでお待ちください」とメッセージがでる場合は下記の方法をお試し下さい。

 

ケースに入れている場合はケースから出す。

 

日陰などの涼しいところへ、移動し電源が切れる状態になれば電源オフにする。

 

 

その他色々な風を利用することができますが、冷蔵庫や氷を利用したり、またクーラーの前に置いて急激に冷やした場合内部で結露が発生し、そこから水没状態に陥る可能性がありますのでご注意ください。

 

16-2

 

難波 心斎橋 日本橋でiPhone 修理をするなら、リペア本舗なんば日本橋店へご来店ください。

大阪市中央区日本橋1-3-6日本一ビル2F

TEL 06-6210-4255

修理メニュー