ホーム > iPhoneを、水没させてしまった時のしてはいけない事。

iPhone修理 即日返却

iPhone修理コラム

iPhoneを、水没させてしまった時のしてはいけない事。

iPhoneを水没させてしまった時って、さんざん今まで注意をしていたのに・・・。胸ポケットに入れていて、浴槽に落とした・・・大量に汗をかいてポケットのiPhoneを見たら調子が悪い・・・色々なシチュエーションが有ると思います。本当に水没させてしまった場合以下のことに注意すれば復活する可能性があります。

 

iPhoneを水没させた時、やってはいけない事。

 

iPhoneを乾かそうとして水分を取るために振ること。

 

iPhoneを乾かそうとして振ってしまうと内部の基盤やバッテリーの大事な部分に水分が余計に回ってしまいます。

 

例えばコンセントに針金を刺して短絡させると、ボ~ンと爆発が起こる現象がiPhone内部でも起こってしまいます。iPhoneはわずかな微電流のためショートしてもよほどでない限り音は聞こえませんが、ショートしてしまえばその時点でアイフォンの電源が落ち、そのあとは電源が立ち上がらなくなる症状。電源が落ちなくても、確実に今までとは違う動作に気づくはずです。

 

当店で水没のお客様が浴槽で寝てしまった時落としどの位浸水したかはわからないのですが、電源を入れずにそのまま持ってきた為復旧できたことがありました。

 

 

 

ドライヤーの温風を当てる。

 

これは一見復旧できそうなイメージですが、内部のケーブル類や基盤自体が水分でふやけている為、急激に乾燥すると元に戻ろうとする働きも早くなり基盤のパーツが損傷を起こしてしまうと思われます。

 

また、基盤のなかには小さなパーツが接着されているため、熱を与えればその接着が外れる可能性もあります。

 

 

水没後電源を入れる

 

水没後に電源を入れてしまうと水分が侵入している場合、基盤回路が短絡してしまいショートします。

 

 

 

水没後に充電する

 

これも上記と同じ理屈で、アイフォン内部がショートしてしまう原因ですので、水没後は絶対に、ドッグコネクタへケーブルを差して充電はしないことです。

 

こうした行為をしないようにすれば、復旧率も高くなると思います。

 

それとSimカードは出来るだけ早く抜いて水分を取り除いて傷がつかないよう保存すれば、Simカードが使用できなくなることも無くなります。

 

suibotsu5s2

 

 

難波 心斎橋 日本橋でiPhone 水没修理をするなら、リペア本舗なんば日本橋店へご来店ください。水没修理実績

大阪市中央区日本橋1-3-6日本一ビル2F

TEL 06-6210-4255

 

修理メニュー