ホーム > iPhone全種で確認?バッテリー残量が激減、シャットダウンをしてしまう問題について。

iPhone修理 即日返却

iPhone修理コラム

iPhone全種で確認?バッテリー残量が激減、シャットダウンをしてしまう問題について。

 

iphone,アイフォン,iphone修理,アイフォン修理,なんば,日本橋,心斎橋,心斎橋,日本橋,大阪日本橋, iphoneバッテリー交換,液晶修理,難波,水没,電池交換,画面修理,水没復旧,コラム

iPhoneユーザーの間でバッテリー残量が突然にゼロになってしまう、という問題があがっているようです。

 

当初iOS10.1にアップデートが原因でシャットダウンしてしまうのでは?とされていたようですが、結果、iOS10.1.1にアップデートをしても、不具合が治らないとの声も多数確認されていて、これが原因ではないのか、iOS10.1.1ではまだ改善されていないのかは、分かりません。

 

iphone,アイフォン,iphone修理,アイフォン修理,なんば,日本橋,心斎橋,心斎橋,日本橋,大阪日本橋, iphoneバッテリー交換,液晶修理,難波,水没,電池交換,画面修理,水没復旧,コラム

 

また機種ですが特定の機種ではなく、iPhone 5からiPhone 7まで幅広く確認されているみたいです。

 

対処法ですが、iPhoneを初期化。バッテリーを放電させて、シャットダウンさせる、などで改善する報告もあるようですが、うまくいかないと言った内容の方が多いみたいですので、今後のAppleの対応次第ではないでしょうか。現時点では解決方法はまだ上がっていません。

 

 

バッテリー残量があっても突如シャットダウンする問題については、AppleはiPhone 6sについてのみ、特別な修理プログラムを立ち上げていますので、ご参考に。

 

 

iphone,アイフォン,iphone修理,アイフォン修理,なんば,日本橋,心斎橋,心斎橋,日本橋,大阪日本橋, iphoneバッテリー交換,液晶修理,難波,水没,電池交換,画面修理,水没復旧,コラム

 

期間的に製造されたアイフォンが対象です。

 

 

2015年9月から10月にかけて製造されたiPhone?6sが対象ですが、この問題が起こる端末はごく少ない数に限られているとしています。

 

対象となるiPhone6sは2015年9月から10月に製造されたもので、なおかつ電源が突然にオフになるものが挙げられています。

 

ですが現時点では、問題のシリアル番号は公開されておらず、この問題が発生するiPhoneは、appleの直営店、正規サービスプロバイダーでiPhoneのシリアル番号をチェックすることで、該当するかを調べられるようです。

 

iphone,アイフォン,iphone修理,アイフォン修理,なんば,日本橋,心斎橋,心斎橋,日本橋,大阪日本橋, iphoneバッテリー交換,液晶修理,難波,水没,電池交換,画面修理,水没復旧,コラム

 

 

Appleが提示している修理方法ですが、バッテリー交換を行うことで対応していますが、その他内部的な損傷が見られる場合は、その部位を優先してからのバッテリー交換のため、費用が発生することも考えられます。

 

今回の問題に関する修理をすでに行ったユーザーは、appleが返金対応するようですが非正規代理店での修理を行った場合は対象外

 

まずは、Appleへお問い合わせすることをお勧めします。

心斎橋,日本橋,大阪日本橋,iphone修理

修理メニュー