ホーム > そろそろ、iPhoneの水没事故にご注意を!

iPhone修理 即日返却

iPhone修理コラム

そろそろ、iPhoneの水没事故にご注意を!

リペア本舗なんば日本橋店です。

 

だんだんと、暖かくなって過ごしやすくなってきましたね。

 

 

この過ごしやすいと、iPhoneの水没、なにが関係があるのと、お思れますか?

 

 

えーと、雨に打たれて?

 

 


 

 

 

 

 

 

これ、やりすぎだろ。

 

 

それもありますが、それだと冬にもありますよ。

 

 

じゃあ、何?

 

 

それは・・・薄着です。

 

 

そう・・薄着。

 

 

この薄着になれば、iPhoneを入れるポケットが冬の間と比べて、各段に収納する場所が少なくなり、街をあるくとき冬であれば重ね着をするため、色々なポケットが存在し、携帯がより落ちにくいところへ入れて移動します。

 

 

薄着になれば冬の服装にくらべ、ズボンのポケット、胸ポケットといったところに限定されやすいですね。ポーチに入れると言ったこともあるのですが・・・。

 

 

スマートフォンがまだ出始めのころ、胸のポケットからスマートフォンを取り出す仕草に、カッコいいなあと思ったことがありますが、今ではホンと普通の仕草になってしまいました。それだけスマートフォンが普及した証拠でしょうね。

 

 

水没をしてしまったという方で、胸ポケットにいれていて浴槽を洗っていたら落とした、またはトイレに落とす、こういうケースも非常に多いですよね。

 

 

ちなみに、浴槽や、トイレにおとすのは暖かい時期に限らず、年中ありますが。

 

 

危ないと分かっていながらも、気をつけているから大丈夫、と言ってやっちゃうんですね。

 

 

あと、ジーンズの後ろポケットも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通に使用する分には、胸ポケットに入れておく、というのはとても便利で、着信が鳴ってもすぐに取りだしやすい、インターネットを見たい時すぐとりだせる、移動するときにも非常に使い勝手がいい保管場所です。

 

 

ただ、水没にかぎらずiphoneを落として、ガラスが割れる、故障、動かなくなった、画面が映らないなど、非常に落としやすい場所でもあります。

 

 

落としやすい場所なだけに、落とした先が地面か水面かの違いということだけで、iPhoneにとってはどちらもいいことではありません。

 

 

これから、夏に向けてさらに水回りに関する、iPhoneの水没事故は増えていきます。

 

 

梅雨、プール、海での水没事故はこの時期を境に多く、携帯の水没が多い時期に突入していきつつありますので、皆さん水没事故には十分気をつけてください。

 

 

 

 

 

 

 

移動が徒歩の場合は、できるだけ携帯を落としにくい場所へ入れておく、カバンに入れる、などするだけでも違ってくると思います。

 

 

もし、アイフォンが水没してしまった場合は、電源を入れっぱなしにしないで、すぐに電源を落すようにすることと、あと電源を入れない、充電ケーブルで充電をしない、水を切ろうとしてアイフォンを振らない、を心がけてください。

 

 

また、シムカードもできるだけ抜き出して、十分に水分をふきとってから、傷がつかないように柔らかい布などに保管するようにしてください。

 

 

上記を踏まえた上、お近くのiPhone修理専門店へお持ちいただければ、水没してから早ければ早いほど、復旧率も高くなってくると思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

難波 心斎橋 日本橋でiPhone? 水没修理をするなら、リペア本舗なんば日本橋店へご来店ください。

大阪市中央区日本橋1-3-6日本一ビル2F

TEL 06-6210-4255

 

 

 

大阪リペア本舗なんば日本橋店では、iPhone 出張 修理の受付をしています。

昼間に修理に行けなくて・・・明日アイフォンを使わなければいけないけど、iPhoneを落として使えない・・・など、深夜お客様のご指定の場所へお伺いし、お修理をいたします。ご連絡おまちしています。↓

リペア本舗なんば日本橋店 夜間 深夜 出張修理

 

 

 

 

 

修理メニュー