ホーム > iPhoneバッテリー、100%を超えての過充電、問題がないらしいです。(前編)

iPhone修理 即日返却

iPhone修理コラム

iPhoneバッテリー、100%を超えての過充電、問題がないらしいです。(前編)

一般的には、バッテリーの充電をするとき、100%を超えての過充電はバッテリーに良くないと、いわれていました。

 

 

iPhone Maniaの8月3日に、「スマホを充電したまま寝ても問題ない!バッテリー100%でダメージは迷信」

 

バッテリー交換 ナンバ,iphone深夜難波,大阪 iphone 修理,ナンバ周辺 iphone 修理,アイフォン バッテリー交換 ナンバ

 

 

 

という見出しで、アイフォンを充電するとき、100%を超えての充電をしてもバッテリーにダメージはないとの内容になっています。

 

 

どんなバッテリーでも充電器というもので、バッテリーの充電をしますが、充電器の性能によって、100%充電できれば供給をカットしたり、80%くらいから充電スピードが控えめになり、100%に達すれば充電をカットするものもあります。

 

 

充電器そのものの性能がいいとも言えます。

 

 

iPhoneの場合では、充電容量の80%までは高速で充電し、80%を境に充電スピードが遅くなり、少しづつしか充電されません。(トリクル充電=バッテリーに負荷がかかりにくいモードに自動変更)

 

 

それから充電が100%に達すれば、充電がストップし減った分だけまた少しづつ、充電をするといった方式です。

 

 

バッテリー交換 ナンバ,iphone バッテリー交換 ナンバ,iphone深夜修理,ナンバ周辺 iphone 修理,大阪 iphone 修理

 

 

 

ちなみにアイフォンのバッテリーに限らず、色々な用途のバッテリー、主に車両用、船舶用、などトリクル充電器という名称で、市場に出回っています。この場合のバッテリーでは、過充電のまま放っていると、非常に危険なためトリクル充電器で、過充電にならないようになっています。

 

 

ですがアイフォンの場合、充電器 (ACアダプタ) が良いというわけではないのではと思っています。内部の基盤に備わっているバッテリーの充電管理をするチップ性能と、あとiOSのプログラムでトリクル充電を管理していると思うのですが。

 

 

これを聞いて、iPhoneってホント賢い携帯だなあと思いましたが、みなさんはどう思われましたでしょうか?

 

 

ちなみにバッテリーの充電のし始めは、20%を切らないようにするだけで劣化を防ぐ効果もあると言われています。

 

 

毎回0%まで使い切れば、充電時にそれだけバッテリーに負担が掛かると言ったことでしょうね。

 

 

バッテリーを長持ちさせるには、20%から80% (20%から100%の間でもいいと思います) の間で充電を心がけると、バッテリーにも優しいということですね。ながら充電をしても、劣化してしまう原因になることも、忘れないでくださいね。

 

 

バッテリー交換 ナンバ,iphone バッテリー交換 ナンバ,iphone深夜難波,ナンバ周辺 iphone 修理,大阪 iphone 修理

 

 

 

(後編へ続く)

 

 

 

難波 心斎橋 日本橋でiPhone ガラス割れ修理交換、液晶修理交換、バッテリー交換をするなら、リペア本舗なんば日本橋店へご来店ください。
大阪市中央区日本橋1-3-6日本一ビル2F
TEL 06-6210-4255

 

 

大阪リペア本舗なんば日本橋店では、iPhone 出張 修理の受付をしています。

昼間に修理に行けなくて・・・明日アイフォンを使わなければいけないけど、iPhoneを落として使えない・・・など、深夜お客様のご指定の場所へお伺いし、お修理をいたします。ご連絡おまちしています。↓

リペア本舗なんば日本橋店 夜間 深夜 出張修理

修理メニュー