ホーム > iPhoneバッテリー、100%を超えての過充電、問題がないらしいです。(後編)

iPhone修理 即日返却

iPhone修理コラム

iPhoneバッテリー、100%を超えての過充電、問題がないらしいです。(後編)

(前編はこちら)前回は、iPhoneのバッテリーで、100%を超えて充電しても、問題がないのでは?ということでした。

 

 

iPhoneのバッテリーは、リチウムイオンバッテリーといい、特徴としては、高速で充電し、一回の充電で長持ちしやすい。

 

 

耐用年数が延び、バッテリー本体が軽くなるという特徴を持っています。

 

 

また充電するごとに回数がカウントされる。

 

 

これは、100%を1つのサイクルとして考え、現在充電が50%あり、充電することで100%にすれば、これで0.5サイクルとしています。それをふまえて、iPhoneのバッテリーは500サイクルの充電を繰り返したとき、バッテリー容量の最大で80%を維持できるようになっているんですね。

 

 

これが、劣化してくるとバッテリー容量100%に対して、50%や30%、10%になってくると充電してもすぐ電源が落ちたり、充電してもすぐ100%に達してしまう、という現象はこういう事だったのですね。

 

 

iFixitによれば、アイフォンのバッテリーの劣化は、充電サイクルの回数に比例する、充電回数が増えれば増えるほど、劣化が進むといっています。

 

 

パナソニックのエネループ、たとえば充電の残りが70%残っている状態での充電を繰り返せば、10,000回充電しても充電容量80%を維持することができ、残り10%での充電を繰り返すと1,000回で充電容量80%に達するといいます。

 

 

バッテリー交換 ナンバ,アイフォン バッテリー交換 ナンバ,iphone深夜難波,ナンバ周辺 iphone 修理,大阪 iphone 修理,日本橋周辺,iphone 修理

 

 

 

ようするに、エネループの場合は、こまめに充電したほうが電池の寿命がいいのです。アイフォンの充電回数カウントとして置き換えた場合、これも理屈にかなっていますよね。

 

 

パナソニックのエネループはニッケル水素、アイフォンのバッテリーはリチウムイオンと成分が全くちがいますが、20%から80%での充電を繰り返すと長持ちしやすいといったところは、似通っています。

 

 

アイフォンのバッテリーは、こまめに充電してもあまり違いが体感できないかもしれませんが、放電深度が大きい場合はそれだけ劣化もしやすく、同じことが言えiPhoneのバッテリーを長持ちさせるためには、そういう意味ではやはり20%から80% (又は20%から100%) の間で充電するのが効果的のようです。

 

 

バッテリー交換 ナンバ,iphone バッテリー交換 ナンバ,iphone深夜難波,ナンバ周辺 iphone 修理,なんば周辺 iphone 修理,大阪 iphone 修理

 

 

 

難波 心斎橋 日本橋でiPhone  ガラス割れ修理交換、液晶修理交換、バッテリー交換をするなら、リペア本舗なんば日本橋店へご来店ください。

大阪市中央区日本橋1-3-6日本一ビル2F

TEL 06-6210-4255

 

 

大阪リペア本舗なんば日本橋店では、iPhone 出張 修理の受付をしています。

昼間に修理に行けなくて・・・明日アイフォンを使わなければいけないけど、iPhoneを落として使えない・・・など、深夜お客様のご指定の場所へお伺いし、お修理をいたします。ご連絡おまちしています。↓

リペア本舗なんば日本橋店 夜間 深夜 出張修理

 

修理メニュー