ホーム > iPhone6の電源が入らない症状の修理。

iPhone修理 即日返却

iPhone修理コラム

iPhone6の電源が入らない症状の修理。

 

 

 

 

 

 

一口にiphoneの電源が入らない症状といっても、色々な原因がございます。

 

 

バッテリーの劣化が原因、ドッグコネクターやスリープボタンの故障が原因、液晶パネルの破損が原因、とさまざまな原因があります。

 

 

このなかで、一番多いのはやはり、液晶パネルの破損が原因でその次にバッテリーの劣化が原因によるものからではないでしょうか?

 

 

ですが、中には基盤が損傷していることも当然ございます。やはりアイフォンを落とせばそれだけ、基盤損傷というリスクも背負わなければいけません。

 

 

 

 

本日の修理でこんなことがありましたのでご紹介します。

 

 

昨日、当店へiphone 出張 修理のご依頼があり、訪問いたしました。

 

 

到着し、症状をお聞きしましたが、どうやらベランダから1階のアスファルトへアイフォンをおとしてしまったので電源が入らないというものでした。

 

 

ん?、これはなおるのかなぁ?、とお客様と話しておりました。

 

 

リセットボタンを押しても、ケーブルを差しても一向に反応がないとのことです。

 

 

バックパネルもかなり傷だらけで、フロントパネルも粉々です。

 

 

一度新しいフロントパネルを仮付し、バッテリーも新品に取り換えて確認しないといけません。

 

 

早速、パーツ交換をし動作確認をしましたが、どうやら動く気配がありません。

 

 

今回出張修理で用意したパーツ、iphone6の交換用フロントパネル・バッテリー・ドッグコネクターですが、全く動いてくれませんでした。

 

 

これだけ仮付でパーツ交換をしても電源が入らないのであれば、恐らく基盤が損傷していると思われます。

 

 

そりゃそうでしょうね・・・5メータ前後の高さからアイフォンを落としてしまっては・・・まして落とした先がアスファルトでは相手が悪いです。

 

 

以前にマンションの7階くらいから、アイフォンを落とされた方が修理にご来店いただきましたが、このときは落した先が芝生でしたので、フロントパネルの交換で直りましたが、今回はそうはいきませんでした。

 

 

バックアップを取っていなく、何とかデータを取り出したいとのことでしたが、申し訳ありません。

 

 

あと当店ではデータ復旧サービスも取り扱っています。が高額修理になるため今回、データはあきらめて、機種交換をしますとのことでした。

 

 

やはりバックアップを取っておられない方も多い様で、こういったトラブルに見舞われた場合、アイフォンが直ればいいのですが、直らなかった場合、どうしてもデータが大切なのであれば高額なデータ復旧サービスに依頼することでしか、データが取り出すことができません。

 

 

こういったトラブルに見舞われた場合にそなえて、常日頃からバックアップをすることも、お客様の大事な作業と言えます。

 

 

毎日とまでは言いませんが、1週間、または1か月程度の頻度でバックアップを取っていれば、思わぬ機種変更のときでもそのバックアップが生かされてきます。

 

 

電源が入らないといった症状ですが、このように自然故障からくるものではなく、落とされた場合は最悪直せないという事態に発展することも十分起こりえます。

 

 

アイフォンは精密機械ですので、出来る限り落とさない様ご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

難波 心斎橋 日本橋でアイフォンの修理をするなら、リペア本舗なんば日本橋店へご来店ください。

 

大阪市中央区日本橋1-3-6日本一ビル2F

 

TEL 06-6210-4255

 

 

大阪のリペア本舗なんば日本橋店では、iPhone 出張 修理の受付をしています。

昼間に修理に行けなくて・・・明日アイフォンを使わなければいけないけど、iPhoneを落として使えない・・・など、深夜お客様のご指定の場所へお伺いし、お修理をいたします。ご連絡おまちしています。↓

リペア本舗なんば日本橋店 夜間 深夜 出張修理

修理メニュー