ホーム > アップルが折りたたみアイフォンの特許取得し、フレキシブルOLEDを開発。

iPhone修理 即日返却

iPhone修理コラム

アップルが折りたたみアイフォンの特許取得し、フレキシブルOLEDを開発。

 

iphone,アイフォン,iphone修理,アイフォン修理,なんば,日本橋,心斎橋,心斎橋,日本橋,大阪日本橋, iphoneバッテリー交換,液晶修理,難波,水没,電池交換,画面修理,水没復旧,コラム

 

Appleが、ガラケーのような折りたたみ式iPhoneを実現するための特許を取得したようです。またこれには、フレキシブル有機EL(OLED)ディスプレイを搭載。

 

フレキシブル有機EL(OLED)とは、何なのでしょう?

 

フレキシブルディスプレイは、布や紙のように丸めたり、折り曲げたりすることのできる映像表示装置のことです。

 

紙のように薄く、軽く、やわらかく曲げられるので、さらなる小型・軽量化や、収納性、デザイン性の向上が期待できます。

 

Appleが2014年7月に申請し、現地時間11月22日に米国特許商標庁(USPTO)から認可された「フレキシブル・ディスプレイ・デバイス」と名付けられています。

 

特許に記されたスマートフォンは、ガラケーのように中央から折りたたむことのできるディスプレイが特徴です。

 

この技術ですが形状記憶を使用したニチノール合金というものと、フレキシブルOLEDディスプレイの組み合わせで、ディスプレイを内側にも外側にも折りたためることが特徴です。

 

 

折りたたんだときに滑り止め部分が機能し、衣類に挟んだりといったこともできるみたいです。

 

 

特許申請書類には、3つ折りにできる内容も図解されています。

 

iphoneよりもMacBookやiPadに採用の方向へ

 

次期iphoneではOLEDディスプレイを搭載するとされていますが、これにフレキシブル機能を付加したものを発売するのは、一枚板デザインをすてることになり、この技術を使うとすれば、MacBookやiPadシリーズではないかと、Apple Insiderは述べているようです。

 

 

アイホン修理,iphoneバッテリー交換,液晶修理,なんば

 

 

 

 

修理メニュー