ホーム > iOS10.2 スクリーンショットを無音で撮影する方法。

iPhone修理 即日返却

iPhone修理コラム

iOS10.2 スクリーンショットを無音で撮影する方法。

?

 iphoneバッテリー交換,画面修理,水没復旧,コラム,修理実績,液晶交換,ガラス割れ修理,ガラス修理大阪,ガラス割れ修理難波,ガラス割れ修理ミナミ,ガラス割れなんば,iphoneバッテリー交換,iphone画面割れ,iphone修理ミナミ

iOSのアップデートで12月13日にリリースされましたが、スクリーンショット撮影時のシャッター音を無音で撮影できるようになりました。

 

 

以前はiOSのバグをついた裏ワザ的な方法だったようですが、今回はAppleが正式に取り入れたようです。どうしても、スクリーンショットを取りたいけれども、場所が静かではずかしいなど・・・音を消したいときはないでしょうか?今後はシャッター音に悩まされることなく、自由に音を消すことができます。

 

iOS10.2以降、スクリーンショットのシャッター音がサイレントスイッチと連動していて、サイレントスイッチをオンにすることで、スクリーンショットを無音で撮影できるようになります。

 

ただし、標準カメラやその他ダウンロードしたカメラアプリの起動中は、サイレントスイッチがオンでもシャッター音が鳴るようになっています。

 

スクリーンショットを撮る方法ですが、リセットスイッチとホームボタンの同時押しで撮影ができます。

 

設定⇒一般⇒アクセシビリティー⇒AssistiveTouchをタップ⇒オンで画面上に簡易ホームボタンが表示でき、簡易ホームボタンをタップしデバイスからその他をタップしたらスクリーンショットの表示を押すことでも、撮影ができます。

 

iphoneバッテリー交換,画面修理,水没復旧,コラム,修理実績,液晶交換,ガラス割れ修理,ガラス修理大阪,ガラス割れ修理難波,ガラス割れ修理ミナミ,ガラス割れなんば,iphoneバッテリー交換,iphone画面割れ,iphone修理ミナミ

 

アイホン修理,iphoneバッテリー交換,液晶修理,なんば

 

 

 

また、ホームボタンをトリプルタップをするたびに画面上のホームボタンを表示、非表示にでき、わざわざ設定からAssistiveTouchへ行く手間がかからず、便利です。

 

 

なんば方面(ミナミ)へ御用の方へ、

難波 心斎橋 日本橋でiPhone? ガラス割れ 液晶交換をするなら、リペア本舗なんば日本橋店へご来店ください。

大阪市中央区日本橋1-3-6日本一ビル2F

TEL 06-6210-4255

 

 

 

修理メニュー