ホーム > 2017または2018のアイフォンでは電源、音量ボタンなどの基本操作が変わるかもしれません。

iPhone修理 即日返却

iPhone修理コラム

2017または2018のアイフォンでは電源、音量ボタンなどの基本操作が変わるかもしれません。

画面修理,水没復旧,コラム,修理コラム,アイフォン修理ナンバ,アイフォン修理心斎橋,アイフォン修理日本橋,ガラス割れ修理なんば,ガラス割れ修理ナンバ,ガラス割れ修理心斎橋,ガラス割れ修理日本橋、水没

 

Appleが電源、音量ボタンの基本的な操作を新たに見直しているようです。

 

次期iPhoneに面白い装置が搭載されるかも知れないとのことですが、その内容とは、アイフォンの電源、音量ボタンを廃止して、現在Apple Watchについている時計の竜頭が採用されるかもしれません。時計の針を調整するときに使用するものですが、それをiphoneやipadにも検討しているとのことです。

 

Apple Watchのデジタルクラウンとは。

 

 

 

画面修理,水没復旧,コラム,修理コラム,アイフォン修理ナンバ,アイフォン修理心斎橋,アイフォン修理日本橋,ガラス割れ修理なんば,ガラス割れ修理ナンバ,ガラス割れ修理心斎橋,ガラス割れ修理日本橋、水没

 

 

では、デジタルクラウンとは何なのかを少しですが、ご紹介します。

 

 

 

Apple Watch横の竜頭を回すことで、色々な調整をおこなうことができます。

 

たとえば、デジタルクラウンを1回押すとスリープ解除して文字盤を表示したり、2回連続で押せば、最後に使用したアプリの画面を表示。

 

 

デジタルクラウンを回すと、拡大・縮小、スクロール、調整。

 

 

この場合、地図アプリの表示の時に回せば、地図の拡大、縮小がおこなえます。

 

設定アプリなどで縦に長いアプリの画面でデジタルクラウンを回すと、上下にスクロールさせることができ、ミュージックのボリュームは回すことで、音量を調整することができます。

 

こういった、調整機能がAppleWatch(アップルウォッチ)には,

 

備わっており、次世代iponeやipadにも移行するかもしれないとのことです。

 

今まで、音量、電源、マナーボタンはアイフォンのモデルによって、位置が違うなどはありましたが、基本的な使用方法などは変わっておらず、近いうちにアイフォンへデジタルクラウンが装備されれば、注目度は間違いなしです。もしかすると、本当に2017モデルのiphoneにシフトするかもしれないですね。

 

画面修理,水没復旧,コラム,修理コラム,アイフォン修理ナンバ,アイフォン修理心斎橋,アイフォン修理日本橋,ガラス割れ修理なんば,ガラス割れ修理ナンバ,ガラス割れ修理心斎橋,ガラス割れ修理日本橋、水没

 

 

 

 

心斎橋,なんば,日本橋でiphoneの修理は、リペア本舗なんば日本橋店へご来店ください。

大阪市中央区日本橋1-3-6日本一ビル2F

TEL 06-6210-4255

 

 

 

修理メニュー