緊急時は脱出用ハンマーなどでドアガラスを割って車から脱出しましょう。

フロントガラスとiphoneが割れた時の対策まとめサイトのヘッダー

緊急時フロントガラスを割る方法

緊急時のSOS

昨今は、大型台風によって河川が氾濫して車が水没する事例が増えています。
万一、搭乗中の車が水没したり、その他の理由で車に閉じ込められた時は、ガラスを割って外に脱出しましょう。

 

特に水没の場合は、完全に車が水中に入ると水圧によってドアが開かなくなってしまいます。
水没時に車内へ残る行為は危険なので、少しでも早く脱出するようにしましょう。

 

緊急時に車のガラスを割って逃げようとする場合、もっともガラスが大きいフロントガラスを割ろうとする人がいますが、フロントガラスは簡単に割れません。
車のガラスを割る際はドアガラスを選択するのがセオリーです。

 

 

車のガラスの構造

 

車のフロントガラスは、事故や飛び石などでも簡単にガラスが飛散しないように3枚の合わせガラスになっていて、飛散防止フィルムが貼られています。

 

鋭利な物に突っ込む事故では貫通することがありますが、ガラスを割る脱出用ハンマーを使っても人の力でフロントガラスに大きな穴を空けることはできません。

 

一方、ドアガラスの多くは1枚の強化ガラスを採用しています。
簡単に割れない強度がありますが、小さなヒビでも入れることができれば、一気に粉々になります。
脱出用ハンマーや鋭利な物を使ってドアガラスを割ったら、後は手の力でガラスを全て割って脱出してください。

 

なお、リアガラスも一般的には1枚の強化ガラスになっていますが、車種によっては凍結対策の熱線が入っています。
リアガラスの場合、ガラスを割ることはできても人が通り抜けするのが困難なケースがあるので、まずはドアガラスからの脱出を試みてください。

 

 

ガラスを割るツール

緊急時に役立つガラスハンマー

緊急時に備えて、脱出用のガラスハンマーを常備しておくと安心です。

 

専用のハンマーであれば、軽い力でドアガラスを叩くだけで驚くほど簡単に割れます。

 

専用ツールがない場合は、ヘッドレストを取って差し込み部分の棒を使ってガラスを叩きましょう。
この場合は、全力で叩かないと割れないので注意してください。

 

強く叩くのではなく、なるべく小さい点で衝撃を与えることを意識すると、専用ハンマーがなくても割りやすくなります。

 

 

ドアガラスも合わせガラスを採用している車がある

 

高級外車や一部の国産車(プリウス、アルファードなど)は、機能性を重視してドアガラスにもフロントガラスと同様の合わせガラスを採用している車種が登場しています。

 

ドアガラスに合わせガラスを使っている車は、脱出用ハンマーを使っても、ガラスにはヒビが入るだけで、人が通り抜けできる穴を作ることが難しいです。
メーカーからも水没時には窓ガラスから脱出できないことを警告しています。

 

もちろん水没してもドアが開く構造になっているワケではありません。
緊急時の備えをする場合は、脱出用ハンマーを買う前にドアガラスが合わせガラスになっていないか確認しておきましょう。