iPhoneの各種部品を外すのに複数のネジを脱着するため、外したネジをしっかり管理します。

フロントガラスとiphoneが割れた時の対策まとめサイトのヘッダー

iPhoneガラス修理を格安で修理できる?

iPhoneのガラス修理は、部品交換でしか対処できません。
業者に依頼すると高額な料金を取られますが、自分でガラス交換キットを買ってDIYすれば、2,000~5,000円ほどで修理できます。

 

iPhoneガラス修理を格安で行う方法と難易度、注意点をまとめました。
Appleサポートの公式修理、民間業者、DIYによる修理料金の違いは「iphoneガラス修理相場」のページで確認できます。

 

 

iPhoneの分解・ガラス交換手順

iPhoneを修理するイメージ

  1. Lightningコネクタ両側のネジを外す
  2. ドライヤーでガラス面を軽く温める(iPhone6以前は不要)
  3. フロントパネルを外す
  4. ケーブル固定板を外す
  5. 接続ケーブルを全て外す
  6. ホームボタンを外す
  7. フロントカメラを外す
  8. バックプレートを外す
  9. 交換した部品を分解と逆の手順で組み立てていく

 

手順を見ると簡単そうに見えますが、各種部品を外すのに複数のネジを脱着する必要があります。
基板以外の大部分を分解するので、iPhone修理の中でもハードルが高い修理内容です。
民間修理業者などのプロは30~60分ほどで修理できます。
素人でも、手順を間違えなければ2時間以内で作業できます。

 

 

iPhoneを自分で格安修理する注意点

iPhoneガラス交換のよくある失敗事例と作業のコツをまとめました。

 

評判の良い工具や修理キットを購入する

素人の作業で多いのがネジ山を潰してしまうことです。
iPhoneのネジは非常に小さいので、垂直に力を加えて慎重に作業しないといけません。
ドライバーを使うDIYの経験がない人は特に注意してください。
力の加減だけではなく、工具の品質もネジ山を潰す大きな要因です。
iPhoneガラス交換キットや分解用工具は安さよりもレビュー評価を重視して選びましょう。

 

 

iPhone7以降は温めないと外せない

防止機能を強化した都合で、iPhone7以降はフロントパネルにシーリング剤を使っています
温めてシーリング材を溶かさないと、上手に外せません。
強引に作業すると、他のパーツを破損させてしまうケースがあるので注意しましょう。

 

 

外したネジを管理する

小型ネジの画像

レビュー評価の高いガラス交換キットは、外したネジを管理する専用シートが付いています。
ガラス交換はネジをたくさん外して組み立て直す必要があります。
外したネジを雑に管理すると、分解できても取り付ける時に苦労します。
専用の管理シートがなければ、自分で番号と置き場所を書いた紙をプリントアウトして代用できます。
ネジは小型なので風で飛びやすいです。
窓ガラスを閉めて無風の状況を作り、咳やクシャミで散乱しないようにマスクを着用して作業しましょう。
民間の整備業者はネジのストックを持っているので、DIYにチャレンジして上手に組み立てられなくなってから業者に依頼する方法もあります。